I'm singing

えのちゃんとけんちゃんが人生を謳歌しながらこの人生が何か人の役にたつかもしれないと始めたブログ。(適当)

アクアマンを観てきました。

こんばんは!けんちゃんです!

黒猫堂も実は発売日に届いたファミリーカーもレビューをすっとばして何をしていたお前、と言われても仕方ないんですが、今日は友達と一緒にアクアマンを観てきました!えのちゃんはマーベル派ですがけんちゃんはDC大好きなんですよね〜。アクアマンが映画だとワイルドですごく好きです。漫画だとディックグレイソンが好きなんですけどね。


いわきに行ったりインフルになったり、ブログを更新することがない日が多かったので更新する習慣がすっかり消えてしまい更新があったりなかったりしています…笑


では、DCの何がいいかを布教しようと思います。

今までのDC映画はちょっと前まではもう「ファンの人だけ楽しんでや。後の人は原作読んでから見ような。」みたいなコンセプト+ダークでシリアスな展開(実はこれがとても好きだった)だったんですが、アクアマンからコンセプトが変わっていて「過去作?見なくても楽しめるように作ってるで、とりま見ときな」ってコンセプトに変わってるんですよ。


監督はジェームズ・ワン監督です。ワイスピは有名ですし死霊館という(これまたけんちゃんが愛してるホラー映画です。彼女に見ようというと断られます。)映画も監督してますね。


つまり、初めて見てもめっちゃ面白くてジェームズワンだな〜って映画に仕上がってます。笑


話をざっくり言うと、ワイルドでむきむきな主人公のアーサーが、細くて超可愛い赤髪の女性、メラといっしょに陸と海を行き来する映画です。ここまでネタバレなし。


で、このメラがとても可愛いのでそれだけで映画代を払う価値があります。途中できょとんとしたメラがアップになるシーンがあるんですけどそこなんてかわいすぎて内容吹っ飛びました。


あと翻訳のアンゼたかしを久々に見た気がします。



ここからややネタバレしますが、予告にも出てる内容程度です。












映画公開前から「海中のスターウォーズ」とか言われてましたが、結構似てますね。敵は父親の異なる弟です。壮大な家族喧嘩ってところはスターウォーズですよね。2人とも母を愛していて〜という感じがすごく伝わりました。男って実際みんなお母さん大好きですよね。ありがとうってちゃんと伝えられる男、すごくいいと思います。しかしこいつらはお母さんが魚の餌にされちゃったんですけどね、、、


ストーリーとしては戦いながらトライデントを探す旅に出るんですが、トライデントが結構アーサー王伝説エクスカリバーと似たような感じで、いいなあと思いましたね。立場がマーリンに似たキャラも出てきます。


お魚さんとアーサーが会話できる能力は頻繁には出てこなかったわけですが、要所要所ですごく大事なポイントになってました。


ジャスティス・リーグの敵ステッペンウルフのことを一回だけ触れたのが(話に名前が出ただけですが)始めての人わからんやん!って思ったポイントでしたね。あとはジャスティス・リーグの後の時系列なのですがしっかり見てないと「あれ?アーサーってすでにメラに会ってんのになんで名前とか聞いてんの?」ってなりそう。僕もあんま覚えてないけどジャスティス・リーグでメラと初対面、でも別に大した面識無かった気がします。で、そこで初めてアトランティスに行ってるから「また来たのか、帰れ」的なことを今回言われるんですよね。違ったらすみません。


そんな感じですかね〜!とても楽しかったです!感動あり、冒険あり、ちょっと怖い感じも死霊館を感じましたしもうほんとアーサーはイケメンだし最高でした!!!


ナイトウィング映画化、待ってます!!!!